HarukaのNote

Linuxやプログラミング関係+旅行等の記録帳

Bershka のダッドシューズを買ったのでレビュー

プレゼン作成の息抜きに更新.

こちらで生活している間にBershkaによく行っています.

Bershkaは日本にも店舗が少しありますが,Zaraと同じインディテックスグループに所属する姉妹ブランドになります.

そのZaraのダッドスニーカーのクオリティが高く,気に入って買ったので紹介します.
https://static.bershka.net/4/photos2/2019/V/1/2/p/4226/032/040//4226032040_2_4_3.jpg?t=15471348311581


日本でも購入できるのですが,スペイン国内の方が安かったので,こちらで買いました.

www.bershka.com

黒です.

白も持ってます.



日本で約7,000円前後.今はセールで約5,500円ですね.
ちなみにスペインでは元値45ユーロ,セール時35ユーロで,約2,000円〜1000円安く買いました.



以前靴屋で働いていたため,靴の作りを見る機会が多く,それなりに完成度に関しては判断能力はあると自負しています^^;
なので,軽くレビューしてみます.

まず,ソールが安価な商品にありがちなウレタンの一体整形でなく,異素材のゴムパーツを使用しており,チープ感がないです.

また,ソールとインソールの質がよくクッション性が高いです.

靴紐は本体カラーに合わせた平紐とネオンカラーの丸紐の2本付属しており,最近トレンドのドット模様混じり?(何て表現するべきだろう…)の丸紐になります.

アッパーにはレザーとフェイクレザーが組み合わされて使われており,この価格で,レザーを少しでも使っているのが驚きました.

デザインも絶妙だと思います.側面にあと少しデザインがあれば,大手スポーツメーカーの類似品感が出てしまい,あと少しシンプルだとファストファッションブランド特有の合わせやすさを重視した無味なものになっていたでしょう.程よく主張し,かつロゴ等はなくスッキリしたいいデザインと思います.
また,靴紐でカラーのメリハリをつけているおかげで,以下の例のように服装に合わせて靴紐を変えることでまた雰囲気の違ったものになる点が便利です.


上の靴紐はバザールで安く買ったものなのでまた交換します.

いろいろ楽しめるいいスニーカーです.

ちなみにスペインでは女性はFILAのディスラプター,男性はNIKEAdidasのスニーカーが圧倒的です.
ディスラプターはディスラプターかそれ以外というレベルで,圧倒的に履いている人が多くて怖いです(笑)