HarukaのNote

Linuxやプログラミング関係+旅行等の記録帳

カナリア諸島観光③ ~ 3日目 ~ テネリフェ島

今日はテネリフェ島に行きます。

早朝から起きて出発の準備をし、前日にテネリフェ島に向かうフェリー乗り場にタクシーでいきます。

フェリー乗り場です。

フェリー搭乗

前日に購入したチケットをカウンターで発券してもらいます。

今回利用したのは、ARMASというフェリー会社です。
Naviera Armas | Naviera Armas

出港時間15分前くらいに搭乗します。

特にアナウンスがなかったような気がします。
時間が近づくと、待合室からフェリー付近に行けば案内してくれます。パスポートが必要です。

乗ります。
IMG20190406084423

中はこんな感じです。
IMG20190406085145









この中で3時間過ごします。9時発で12時着です。

到着

到着しました。
SDIM1129


ヨットがたくさんある港の方に歩きます。

実際はこんなに迂回せず、間の道路を橋で渡れます。
ただフェリー乗り場からの抜け方はこの通りに進みます。


こういうところを通って。
SDIM1131
SDIM1130

ここに着きます。この橋を渡ります。
SDIM1132


上のマップの目的地の公園です。
SDIM1135


この周辺はショッピング街になっています。
SDIM1139

ここから公園に行きます。

Parque Municipal García Sanabria

公園みたいなところばかり行ってるのは無料だから(笑)

土曜日に行きましたが、店がたくさん出てました。


写真撮ります。
SDIM1141

次はサンファンバウティスタ城に向かいます。

サンファンバウティスタ城

海に面した城です。
近くに特徴的な形状のコンサートや公園があります。
その公園にはプールもあるみたいですが、時間がないため寄りませんでした。


SDIM1153

そこからバス乗り場へ。次はビーチに向かいます。

バス乗り場へ


バスは確か一番直近の110番に乗ったと思います。

ここからビーチまで歩きます。

プラヤ・デ・ラス・アメリカス

有名なビーチらしいです。一応ここが今日のメインです。

テイデ山のマグマが流れ込んだ跡があります。

岩が多くて、砂浜系ではないので泳ぐには微妙です^^;
バスタオルを敷いて、日光浴します。

私は岩場の苔で何度か転けて擦り傷を作りました(泣)

見て楽しむ感じの場所です。

ただ、アクティビティとして、サーフィン講習をしている姿がありました。
岩場を超えると波が激しいのでサーフスポットなのだと思います。
IMG20190406162759
IMG20190406163055
20190406_170348

20190406_170411

20190406_170415
20190406_170521
20190406_170617
20190406_170950

16時頃にバス停に到着し、18:30頃に帰りました。

フェリーでグラン・カナリア島に戻る

正直ヒヤヒヤしました。

18:30頃のバスに乗り、1時間かけて城の付近のバス停まで帰ります。

そして、20時発のフェリーに乗らなければなりません。

バス停に着いたときは既に19:40頃で、急ぎタクシーを捕まえて朝のフェリー乗り場まで友人が頼んでくれました。

スペイン語が話せる現地の友人がいなければ、危なかったです。
しかし、こんなギリギリになったのは、その友人がビーチをなかなか去ろうとしなかったせいですが…。

また、3時間かけてグラン・カナリア島まで戻ります。

フェリーの中ではほとんど寝てました。
風が入ってきて寒かった。

フェリー乗り場から

到着すると、フェリーのチケットには帰りの送迎バスのチケットが付いているので、それを使います。

ショッピングセンターの横まで送ってくれます。

ここからは歩いてホテルに帰りました。

テネリフェ観光の反省点

フェリーを使った

フェリーに乗る機会はあまりないので楽しかったですが、時間がかかります。
テネリフェ島は本来たくさんの観光地があるので、飛行機で行ったほうが片道1時間ほどで済みます。その分高いですが。

1日しかなかった

これも上の点に関係しますが、本来他に美しいビーチやテイデ山、ウォーターパーク等があるのですが、それを1日、実質12時〜20時の8時間では巡れません。
ホテルを同一箇所にとらず、テネリフェでとり、テネリフェから帰りの飛行機に乗ったら良かったかと思います。

テイデ山行きのバス

友人がインフォメーションで確認したらしいので、私が実際に聞いたわけではないですが、テイデ山行きのバスは朝8時くらいのものしかないようです。
もしそれ以外の時間に行くなら、タクシー(遠いため現実的ではない)かレンタカーが必要です。私は大学のルールで海外でレンタカー等の乗り物は運転できず、友人は免許持ってなかったので、そもそも無理でした。
友人はテイデ山がメインで来たため、残念がっていました。移動のバスから見ました。

ビーチに着いた時間

カナリア諸島は結構遅くまで明るかったです。そのため、16〜18時についてもビーチは明るかったですが、流石に日光が一時雲に覆われると、寒がりの私には泳ぐには厳しかったです^^;
かんかん照りなら、この時間でも大丈夫と思いますが、少し雲がある日はもう少し早かったほうがよかったかな、と。
友人はずっと泳いでました。


誰かこれを見た人で行く方は活かしてください。私は流石に次は大分先になるでしょう(笑)



次の日はグラン・カナリアのビーチで泳ぎます。
終わり。