HarukaのNote

Linuxやプログラミング関係+旅行等の記録帳

カナリア諸島観光① ~ 初日 ~ 飛行機移動他

先日言っていたようにカナリア諸島に行ってきました。

スペイン領ですが、少し離れており、モロッコの西側あたりにあります。

何で知ったか忘れたのですが、確か1月末頃に存在を知り、その頃とても寒かったので暖かいカナリア諸島に非常に魅力を感じていました。

それから3ヶ月後、やっといろいろと用事が落ち着いて、先週行ってきました。

期間

2019/4/4 - 4/8 (3泊4日)

移動方法

費用

  • 高速バス(往復):約50ユーロ
  • 飛行機(往復):約100ユーロ
  • ホテル(3泊):約100ユーロ

事前合計約250ユーロ(約31,250円)

プラス現地移動費と食費、雑費(後日計算します)

マドリード

まず、いつものサラマンカの高速バス乗り場からマドリードに行きます。
確か朝7:00出発のバスで、9:50頃バラハス空港T1に到着です。


飛行機に乗る

今回利用したのは往復ともにNorwegian Airです。
荷物はバックパックのみで、預け入れ無しです。そのため、チェックインカウンターは利用せず、オンラインWEBチケット(QRコード)を発行して手荷物検査場に行き、スムーズに通過できました。
ただ、ターミナル1には初めて来たので少し内部がわからず困りました。

歩きながら撮ってたので少しブレてます。

電光掲示板で、Gran Canaria 12:30発を探します。T2みたいです。

T2に移動します。

T2の発着口に着きました。
階段を降りて左が手荷物検査場だったと思います。
ここにいく直前にオンラインWEBチケットを発行しました。
Norwegian Airから届くメールのリンクから、ページを開き、同意等を済ませると発行できます。
Norwegianは座席指定が有料です。今回、スペイン人の友人と行きましたが、オンラインWEBチケットの発行タイミングをなるべく合わせることで、近くに配席されるようです。
私達は往路と復路の両方で前後の席に配席されましたが、両方どちらかの席の隣が空席だったので、移動して隣に座れました。

検査後に搭乗口が決まるのを待ちます。E80に決定しました。

移動します。預け入れ等がないのに2時間前に来たのでE80前のベンチで結構待ちました。1時間くらいかな。

搭乗。

機内です。安かったですがそれほど悪い印象は受けませんでした。機内の自社雑誌が破れてましたが…。
あと、これは不満ではなく、気づいた点として、CAの年齢層が高めでした。特に、白髪の男性CAは初めてみました。
あと、制服があまり統一感なかったような。乗客が荷物棚から出し入れしてると思ったらCAだったことが何度かありました。黒い服に小さくNorwegianの文字があるだけだった気がします。

12:30発 -(時差-1h)- 14:25着の約3時間のフライトでした。機内無料Wifiが使えますが、遅いので、メッセージを送る程度と思います。野球の一球速報は見れませんでした。

グラン・カナリアラス・パルマス)空港到着

バスターミナルに向かいます。

ホテル用のバスと紛らわしいですが、GLOBALと書かれた方のバスターミナルに向かいます。

ここで、ラス・パルマスのサンタ・カタリナ行きのバスに乗ります。宿泊施設は島の北の方にあります。
宿泊施設で検索すると、北側のLas Palmasと南側のMas Palomasの2箇所が候補に出ますが、今回は近隣に商店が多く栄えている北側にしました。
予約したのは計画を細かく決める前でしたが、フェリー乗り場等もそちらにあるので、良かったです。
Mas Palomasの方はリゾート地で、高級ホテルがいくつかあり、大規模な店舗はないですが、海辺にレストランや高級ブティックが多々ある印象でした。


サンタ・カタリナのバス・ストップに到着。確か16時頃でした。少し曇ってて寒く、流石に泳ぐのは厳しいかな、と思う気温でした。


食事

ホテルにチェックインし、荷物を置き、食事に出ます。
カナリア諸島で有名な料理等はあまり調べても出てこなかったので、近くのチェーン店で食事しました。
しかし、チェーン店でも普段サラマンカでは同じような店ばかり行く私には新鮮でした。
こちらのお店は木曜日か平日12~17時は7ユーロの商品を頼むともう一品無料らしく、友人と二人で行った我々には非常にお得でした。

牛をワインで煮込んでほぐしたものとポテトです。初めて食べましたが、美味しかった!

Pinchosです。ソースが酸味のあるベリー系のものでした。美味しいです。楊枝が刺さっていても崩さずに食べるのが難しい^^;

右にあるのがクロケットです。たぶんコロッケと関係してるのかな。小さく刻んだハムとクリームソースが中に入って揚げられています。
カニクリームコロッケカニがハムになったみたいな。カニクリームコロッケカニが入っていて私は食べられない最悪の料理ですが、これは入ってないので美味しく食べれました(^^)
なぜ、日本ではクリームコロッケはカニにしてしまうのだろう…。正直食べてもほとんどカニ感じない気がしますが。

最後、パタタス・ブラバスです。フライドポテトにブラバスというソースをかけたもので、スペインでは一般的らしいです。
スパイシーですが、辛いという程でなく美味しいです。酒のツマミ感ある料理ばかり。

一緒に飲んだのは名前忘れましたが、ワインテイストの葡萄を使ったジュースです。友人にジュースと言われ選びましたが、アルコールが入っていました。
友人も入っていると知らなかったみたいですが、後でネットで調べてもらうと数%入っているようでした。
私は飲んですぐに、気づきました。体がアルコールを感じていたので。
アルコール激弱敏感人間なので、これで軽く酔ってしまいました。


ドリンクは果実系のチューハイみたいなものだったんですかね。
4皿とジュース2人分で約17ユーロでした。
17時半頃から食事を始めて、だらだらと食べ、20時前にホテルに戻り明日の予定を立てていました。
ただ、酔って眠くなり、夜中まで一時眠ってしまいました。本当に弱すぎる😢

海外、特にヨーロッパに来てお酒が楽しめないのはすごい損をしている感覚に襲われます。
そのせいで普段から、コーラとコーヒーばかりなので…。

次の日はこの辺一体を観光します。