HarukaのMEMO

Linuxやプログラミング関係の備忘録

Sigma DP2 Merrillを手にいれました!!

浮かれて撮り回っております。

画像が大きいので、リンクでおきます。
自分の腕ではまだまだ活かしきれてはいないと思いますが、やはりこの高解像度は最高ですね。

塗装の表面の反射具合の質感の表現力も素晴らしいと思いますね。

flic.kr
flic.kr

flic.kr
flic.kr

Sigma DP1(初代)で撮った写真をいくつか②  ここ最近の出来事と

続けて、いくつかを。

夜の公園

タイ人と友達になりました。
研究室に留学プログラムで来ていたので。
一緒に観光。
夜に公園に行く。
なかなか公園内で会えませんでした。
最後は日が変わるまでDennysで。
抹茶パフェを食べました太る。
お城が見たかったらしいです。お城の写真はないのだけれど。
充電はそんなに持たないですよ。
f:id:krulcifer-einfolk-fafnir:20181121011650j:plain
f:id:krulcifer-einfolk-fafnir:20181121011706j:plain
f:id:krulcifer-einfolk-fafnir:20181121011448j:plain

手筒花火

同じ時期に韓国から来ていました人とも友人になりました。
公園の2日後に。日が変わるまで話していたから、正確には次の日に。
その友人が手筒花火が見たいと言いましたので、再度上の公園へ。
先輩も来るはずになっていたのだけれど、二人だけのはずではなかったのだけれど。
結果二人で見ることになりました。美人と見るのは緊張します。

まるで城攻め。
こっちにはお城が写ってました。
思っていたよりは感動しました。印象的でした。
感動ではないと思いますが適当な表現が今思いつかないです。
f:id:krulcifer-einfolk-fafnir:20181121011525j:plain
f:id:krulcifer-einfolk-fafnir:20181121011505j:plain
f:id:krulcifer-einfolk-fafnir:20181121011541j:plain
f:id:krulcifer-einfolk-fafnir:20181121011557j:plain
その友人が帰る前に花火が見れたことよりも。
私が初対面で嫌いと感じた先日知り合った他校の学生。
その人のことを友人も苦手と思っていることが嬉しかった。

今日バイトに行くまでに

f:id:krulcifer-einfolk-fafnir:20181121011614j:plainf:id:krulcifer-einfolk-fafnir:20181121011633j:plain

Sigma DP1(初代)で撮った写真をいくつか①

結局、Sigma DP2 Merrillを購入してしまいました。
届くまでの間にDP1を触っておこうと思い、写真を撮っています。

プログラミングが全然関係ないですが、DP1はそこそこ古いカメラとなってしまいましたので。
これから購入する同志の人に少しでも後押しできればという思いで、レビューという程のものではないのだけれど。ただ、参考になりうるかもしれないという思いで。
ここにおいてみようと思います。

やっぱり雲の表現が好きです。
2008年のカメラの割には優秀なのではないでしょうか。
ただ、他のカメラを触らないもので比較のしようが無いのです。

浜名湖

Foveonがあまり得意としない夜景を。
f:id:krulcifer-einfolk-fafnir:20181121010447j:plain
f:id:krulcifer-einfolk-fafnir:20181121010452j:plain
得意とする雲と波の質感を。。
f:id:krulcifer-einfolk-fafnir:20181121010527j:plain
f:id:krulcifer-einfolk-fafnir:20181121010444j:plain
f:id:krulcifer-einfolk-fafnir:20181121010458j:plain

アメ横

ちょっと時間があったので寄りました。
f:id:krulcifer-einfolk-fafnir:20181121010552j:plain

SIGMA DP-1で最近撮った写真

最近、DP-1がだいぶお気に入りです。

他に大したカメラを持ってるわけではないのですが、手頃な価格の割に空を、特に雲を自分の思う感じに撮れるので。



今となっては圧倒的高画質ってわけでもないです。

手ブレ補正がなくって若干ぶれてしまうところとかが面倒ですが好きです。



ただそのせいで最近MerrilやQuattroなどの後継機種がほしいな、と思えてきました。

願わくばスペインに旅立つ1月までには購入したい。

それで、スペインの風景を撮りたいな〜、と。。



ただ、素人の私に使いこなせる気もしないので、しばらくはDP-1(初期)で行くと思います。
お金もないし。


最近、二川で撮った写真です。
f:id:krulcifer-einfolk-fafnir:20181016164126j:plain

これは雲の写真。
f:id:krulcifer-einfolk-fafnir:20181016164253j:plain

これは、私からお金を吸い取って、新しいカメラに浮気させてくれないかわいい愛車の写真。
f:id:krulcifer-einfolk-fafnir:20181016164137j:plain

BoWをgensimのLSIで次元圧縮する際のエラー

はじめに

今回は本当にメモ程度に残します。
対策も英語のサイトばかりでしたので。

下記のようなコードで準備したデータをscikit-learnのsvm.SVCでfitすると、データのサイズが違うよ、とエラーが出ました。

# 分かち書きされたテキストのリスト
list_wakati = get_words(df_train)
# BoW用の辞書
dictionary = make_dict(list_wakati)

bow_corpus = get_BoW(dictionary, list_wakati)
n_topics = 300
lsi_model = models.LsiModel(bow_corpus, id2word = dictionary, num_topics = n_topics)
lsi_corpus = lsi_model[bow_corpus]

理由は、LsiModelで圧縮されたデータは、0を省略するらしく、num_topicsで指定した次元に満たないものができるかららしいです。

対策としては、gensim.matutilsのparse2fullで整形してやるといけるみたいです。

shaped_values = []
# LSIで圧縮すると、サイズが n_topics に満たないものがいくつか作られる
# そのため、 sparse2full で整形する
for values in lsi_corpus:
    vec = matutils.sparse2full(values, n_topics)
    shaped_values.append(vec)

「gensim lsi different size」みたいな感じで検索をかけましたが、なかなかでてこず困りました^^;

Manjaro Linux の yaourt で容量が足りないからインストールが失敗するとき

最近、今さらですがSIGMA DP1というデジカメを買って、写真を撮りたい熱が高まっています。
ただ本格的なカメラ好き、写真好きというわけではありませんので、ほんとに気が向いた時に数枚撮る程度です。
自己満足ですが今回の内容の最後に貼ります。

それでは、今回の内容はManjaro Linuxに関してです。

続きを読む

manjaro xfceでキーボードのCaps LockをEscに

キーボードレイアウト変更の方法

普段、どのLinaxを使う場合でもCaps LockをEscに変更しています。
長めのコーディングにはvscodeを使いますが、ちょっとしたものを書くのにはVimを使っていますので、Escキーを多用することになるからです。
そもそも、Caps Lockキーをどれくらいの人が使ってるのだろう、とは思いますが…。

変更方法を調べると記事は出ますが多くが海外のサイト。そして、やり方がたくさんあり、また、バージョンやデスクトップ環境によって効果の有る無しがあるみたいです。

とりあえず、私が試してみて、2018/07/23現在にうまくいった方法を残しておきます。

続きを読む